2018.09.18

WATASHINO的 SDGsのヒント Vol.2 みんなの選択が“未来”を変えるエシカル商品のススメ

TAGS SDGs

SDGs(エスディージーズ)」の身近な取り組みや活用方法などを分かりやすくご紹介する、「WATASHINO的 SDGsのヒント」。SDGsの重要性は認識しながらも、どのように行動すればよいか分からないという人もいるのではないでしょうか。しかし、私たち消費者だからこそできる問題解決の行動があります。2回目となる今回は、消費者ができる未来を変える行動「エシカル商品の見分け方」についてご紹介します。

What is Ethical?

エシカル商品とは


エシカル(ethical)という単語は、直訳すると「倫理的な」「道徳的な」という意味があります。「倫理的な」と言われても、漠然としすぎているので、分かりやすく言い換えると「人や環境、社会に配慮した考え方や行動」と言えます。環境や社会・経済に配慮した商品は「エシカル商品」と呼ばれ、その商品を消費することを「エシカル消費」と言います。エシカル商品の具体例を挙げると、間伐材を使用した紙製品や地元で生産された農作物、障害のある方が作成された工芸品など多岐に渡ります。

人は誰もが何かしらを消費して生きています。消費を通してなら、誰でも日々の行動を少し変えるだけで環境や社会・経済などの問題解決に貢献できるのです。始めやすくて参加しやすいのが、エシカル消費の特長でもあります。

PROBLEM & ACTION

エシカル商品が未来を変える


私たちの身の回りにはエシカル商品がある一方で、残念ながら利益をあげるために違法な製造工程で作られた製品もあります。例えば、違法に伐採した森林を原材料とした製品や児童労働によって生産された製品などです。


消費者がこれらの違法な製品ではなくエシカル製品を選択し購入することは、実は社会を変えることができます。企業は売上がなければ存続することはできません。つまり、消費者がエシカル商品を選ぶことで、違法な商品を製造する会社を市場から退場させることにつながり、それによって違法な森林伐採や児童労働を社会からなくすことができるのです。


このようなエシカル商品を積極的に購入する活動を「ボイコット(不買運動)」の反対語として「バイコット※1」と呼ばれています。

アナタの買い物が世界を変える!
エシカル商品を積極的に購入する"バイコット"のススメ。

How to choose?

エシカル商品の見分け方


エシカル商品の見分け方は第三者認証マークの有無で、確認することができます。第三者認証マークとは公正な第三者が基準を決めて、その基準に適合した製品につけることができます。森林認証マーク海洋認証マークオーガニックコットン認証マークなど様々な認証マークがあります。商品の購入の際には、これらのマークが付いている商品を購入することでエシカル消費を実現し、バイコット活動となります。

Relation to SDGs

SDGs(持続可能な開発目標)との関連


エシカル商品およびエシカル消費は、SDGsの目標12「つくる責任 つかう責任」に大きく関わりがあります。私たちはつかう責任として、環境や社会・経済に配慮された商品であるか、確認することが求められています。また購入する製品によって目標7「エネルギーをみんなに そしてグリーンに」目標14「海の豊かさを守ろう」目標15「陸の豊かさも守ろう」など多様な目標と関わりがあります。

12 つくる責任つかう責任

持続可能な消費と
生産パターンを確保する

7 エネルギーをみんなに そしてグリーンに

エネルギーをみんなに
そしてグリーンに

14 海の豊かさを守ろう

海の豊かさを守ろう

15 陸の豊かさも守ろう

陸の豊かさも守ろう


※1 バイコット

バイコット(BUYCOTT)とは、バイ(買う、BUY)とボイコット(BOYCOTT)を組み合わせた造語で、悪いモノを買わないボイコットではなく、環境に配慮した製品やサービス、あるいは環境配慮型の経営を行う企業の製品やサービスを積極的に購入し、“買う”行動を通して消費者が企業を評価することをいう。代表例として「グリーン購入」が具体的活動のひとつである。欧米では、すでに1980年代から、環境、人権、労働などを評価基準にした消費者向けの買い物ガイドが発行されていた。

RELATED INFORMATION

寄付つきやフェアトレードなどの商品・サービスを消費者目線でレビューするWebメディア「buycott(バイコット)」では、環境・森林保全や被災地支援、食糧問題や動物愛護など様々な社会問題から記事をチェックすることができます。

未来を変えるお買いものメディア

buycott

http://buycott.me/

世界の森林保全に貢献する「森林認証マーク入り」の紙から、名刺で東北を応援する「東北コットンCoC」、フェアトレードの「バナナペーパー」など、人にも環境にもやさしい紙を使って名刺を作りたい方は、名刺の山櫻が運営するオンラインプリントサービス「TSUTAFU(ツタウ)」からどうぞ。

ちゃんと使える名刺が作れる

TSUTAFU

http://tsutafu.yamazakura.jp/

profile-2

神田 京輔Kyosuke Kanda

青山学院大学文学部史学科卒業
2005年株式会社山櫻入社。
営業職を経て、商品企画や営業企画を担当。
1982年、神奈川県生まれ。


Favorite color:ネイビー



この記事が気に入った「いいね!しよう

WATASHINOの最新ニュースをお届けします。

follow us

  • facebook
  • Instagram
  • Twitter






SERIES続けて読みたい連載シリーズのほかの記事

  • Vol.1 “MOTTAINAI”を社会貢献に!フードバンクの取り組みとは? 2018.08.28
    SDGsのヒント Vol.1 “MOTTAINAI”を社会貢献に!フードバンクの取り組みとは?