パーソナルカラーとは(女性版)



4つの季節のタイプとは



パーソナルカラーとは、ご自身が持っている肌の色・瞳の色によって生まれ持った
似合う色」のグループのことです。


パーソナルカラー(似合う色)というのは好きな色でも、キレイな色でもありません。
お肌の色にマッチし、瞳の輝きが出て元気に見える、お顔がシャープに見える色。お肌
の色ムラなどを隠してくれる補色となる色のことです。


パーソナルカラーのグループは、「Spring〜春」「Summer〜夏」「Autumn〜秋
Winter〜冬」の4つの季節のグループに分けることができ、自分のグループがどこか
を探すのが「パーソナルカラー診断」です。


パーソナルカラー診断では、まず、お肌の色が暖色系の色が似合うイエローベースと、
寒色系が似合うブルーベースかをチェックします。
次に、肌の質感が薄く、お顔に赤味が出やすいソフトタイプと、肌の質感がしっかり
していて赤味が出にくい、ハードタイプかをチェックします。


 









スプリングタイプ

イエローベース × ソフト


スプリングタイプは、春のお花畑を思わせる、暖色の濁りのない彩度の高い色がお似合いのグループ。

肌の色は、白い人は明るいアイボリーベージュ、日に焼けている人は明るい小麦肌。
瞳の色は、明るいブラウンでキラキラとしているので、周りの人を楽しくさせてしまう明るい印象があります。
髪は元々明るいブラウンの人も多いのが特徴です。

彩度の高い明るい色が似合いますが、柄の大きなものは派手になるので、シンプルに無地か小柄の物を選ぶとベストです。薄い寒色を着ると印象が薄く、寂しく見えてしまうので要注意です。











サマータイプ

ブルーベース × ソフト


サマータイプは、夏のアジサイを思わせる、ふんわりとしたパステル系の色がお似合いのグループ。

肌の色は、ピンクベージュ、またはソフトな浅黒いお肌。どちらのタイプもお顔全体に赤味が出やすいのが特徴です。
瞳の色はソフトブラックの人が多いですが、茶色の瞳の人もいらっしゃいます。
目の印象は優しく、寒色の柔らかい色で知的で上品な印象です。

お肌と同じく透明感のある、ソフトな色がお得意なので、大柄のものが優しいお顔が負けてしまいます。オレンジ系の色をを着ると子供っぽく見えてしまうので要注意です。











オータムタイプ

イエローベース × ハード


オータムタイプは、秋の紅葉を思わせるの暖色系のアースカラーがお似合いになるグループ。

肌の色は毛穴が少ない象牙のようなクリーム色の肌か濃い小麦色のお肌。お肌の質感はしっかりいて、顔に赤味が出にくいので、とてもメイク映えするのが特徴です。
瞳の色はダークブラウンです。女性はナチュラル派と女性らしいつややかな印象の2タイプの方がいらっしゃいます。
男性は落ち着いた包容力のある印象。

お似合いの色はシックな色が多いので大柄にして華やかな印象にしてもお似合いです。薄い寒色を着ると疲れているように見られるので要注意です。











ウィンタータイプ

ブルーベース × ハード


ウィンタータイプは、雪のような純白と、ロイヤルブルー、ボルドーレッドなど、寒色のビビットな色がお似合いになるグループ。

肌の色は雪女のように白いか浅黒いの肌。顔に赤みがなく、白目と黒目のコントラストがあり、「目力」があると言われるのが特徴です。
女性は凛とした美しさがあり、男性はクールで頼りがいがある印象。

目力があるので、はっきりとして色合いで、大柄のドレスやネクタイでも着こなせてしまいます。べージュを着るとぼんやりと見えてしまうので要注意です。










スポンサーリンク