パーソナルカラーで選ぶサングラス 【メンズ編】
カテゴリ
personal color for MEN
2020.06.22

パーソナルカラーで選ぶサングラス 【メンズ編】

暑い日が続きますね!夏はバーベキュー、海水浴など様々な外のレジャーを楽しめる季節でもありますね。

外で過ごす時間が長いと、紫外線も気になります。そこで活躍するのがサングラス!

強い日差しから目を守ってくれるだけでなく、ポケットや胸元に差してアクセサリー感覚でお使いいただけますので、この夏自分にお似合いになるサングラスを見つけてみては?

サングラスも様々な色や形がありますね。もちろん好みで選ぶのも良いですが、パーソナルカラーでサングラスを選ぶという選択肢もあります。

選ぶ際に気をつけたいのが、色もそうですがフレームの種類。

ソフトタイプ(スプリング/サマー)の方は、フレームが細身のものや、フレームとレンズであまり色差のないもののほうがお似合いです。コントラストが強いものは、優しげなお顔の印象が薄れてしまい、サングラスが主役になってしまうので気をつけて。

ハードタイプ(オータム/ウィンター)の方は、フレームが太めで存在感のあるサングラスをかけてもお顔の印象がサングラスに負けず、コントラストもでてかっこよく決まります。

ご自身のパーソナルカラーがわからないという方は、こちらから簡単に診断できます。

似合う色だけでなく、お肌の質感や目の印象もそれぞれ特徴があります。アイテム選びの参考にしてみてくださいね。

イエローベース スプリング&オータムタイプ

イエベさんにおすすめのサングラス

  • イエローベース×ソフトタイプ

フレームはゴールドやライトブラウンで、細めのものがおすすめ。レンズも薄めの色の方が、スプリングさんの優しい雰囲気を活かせます。


  • イエローベース×ハードタイプ

フレームはべっこうや迷彩など、柄が入っているものがおすすめ。リムとテンプルで色が違う、コントラストのあるものもお似合いです。

ブルーベース サマー&ウィンタータイプ

ブルベさんにおすすめのサングラス

  • ブルーベース×ソフトタイプ

フレームはシルバーで細身のもの、もしくは透明なものがおすすめ。レンズはブルー系を選ぶとサマーさんの持つ知的で涼しげな印象をだすことができます。


  • ブルーベース×ハードタイプ

フレームは太めで、レンズとフレームにコントラストのあるものもお似合いです。光沢のあるフレームもおすすめ。


最近はメガネショップやセレクトショップにて、低価格でおしゃれなサングラスが多数登場しています。この夏、お気に入りでお似合いのアイテムを見つけてみてくださいね。

文/ブラッシュアップStyleスタッフ・パーソナルカラーアナリスト Ayumi
  • Facebook
  • Twitter
  • Line
  • はてなブックマーク
  • pocket




RANKING

ランキング

  • WATASHINO ONLINE STORE
  • IROGAAL
  • PERSON 経営者・VIPインタビュー
  • 広告


Page Top