パーソナルカラーとは



4つの季節のタイプとは



パーソナルカラーとは、ご自身が持っている肌の色・瞳の色によって生まれ持った
似合う色」のグループのことです。


パーソナルカラー(似合う色)というのは好きな色でも、キレイな色でもありません。
お肌の色にマッチし、瞳の輝きが出て元気に見える、お顔がシャープに見える色。お肌
の色ムラなどを隠してくれる補色となる色のことです。


パーソナルカラーのグループは、「Spring〜春」「Summer〜夏」「Autumn〜秋
Winter〜冬」の4つの季節のグループに分けることができ、自分のグループがどこか
を探すのが「パーソナルカラー診断」です。


パーソナルカラー診断では、まず、お肌の色が暖色系の色が似合うイエローベースと、
寒色系が似合うブルーベースかをチェックします。
次に、肌の質感が薄く、お顔に赤味が出やすいソフトタイプと、肌の質感がしっかり
していて赤味が出にくい、ハードタイプかをチェックします。


 









スプリングタイプ

イエローベース × ソフト


スプリングタイプは、暖色の濁りのない彩度の高い色がお似合いになるグループ。

お肌に黄色の色素が多いので、肌の色が白い人は明るいベージュ肌。日に焼けている人は明るい小麦色。
瞳の色は、明るいブラウンでキラキラとしているので、周りの人を楽しくさせてしまう明るい印象があります。
瞳の色は明るいブラウンで、子供の頃は髪の毛が栗毛だったという人も。
皮膚が薄いので鼻の上だけ赤くなる人も多いのが特徴です。

明るい暖色系の色がお肌や瞳にマッチし、私服ではオレンジレッドのTシャツを来ても派手にならず、かえって血の気が巡って元気に見えます。
周りの人を楽しくさせてしまう明るい印象を持っているので、ゴルフウェアーなどは明るいアップルグリーンも浮く事なくあっさり着こなすことが出来ます。


苦手な色は濃くて暗めの重たい色。黒と白の太いボーダーなどは服の方が目立ってしまいます。また薄い寒色もお顔が青白く見えますので、薄い桜色のシャツを着ると精彩を欠いた印象になるので要注意です。

瞳の色が明るいので、太い黒いメガネだと目の印象が負けてしまうので、メガネはライトブラウンの細めメタルフレームがお似合いになります。
スーツは無地の鮮やかな紺などがビジネスシーンに活躍します。







 



サマータイプ

ブルーベース × ソフト


サマータイプは、青みにある寒色系の柔らかい色が似合うグループ。

お肌が青い色素が多いピンク系で、色の白い人はピンクベージュ肌。日に焼けている人は赤味が出るソフトな浅黒い肌。
瞳の色は優しいソフトブラック。
お肌がピンク系なので、座っているだけでお顔が赤く見える人も多いのが特徴です。

寒色系パステルカラーがお肌の赤味を打ち消してくれて、すっきりと爽やかに見せてくれます。
またラベンダーのシャツなどは優しいソフトブラックの瞳を引き立てて、知的な印象を自然とアップ。無地のパステルピンクのシャツなども、子供っぽくならずにシャープに着こなすことが出来ます。

苦手な色は暖色のアースカラー。とくに辛子色のセーターなどを着ると、お肌が黄ばん見えてぼんやりと野暮ったい印象になります。またコントラストある大きな柄も似合わず、洋服に着られた印象になってしまいます。

瞳の色はソフトブラックで瞳が優しい印象なので、太いダークブラウンのフレームのメガネなどは年齢が高く見える事も。シルバーや紺の細めのメタルフレームでも冷たい印象にならず素敵です。
スーツは無地のチャコールグレーなどがお勧めです。







 



オータムタイプ

イエローベース × ハード


オータムタイプは、暖色の深いアースカラーがお似合いになるグループ。

お肌に黄色の色素が多いので、肌の色が白い人は深いベージュ肌。日に焼けている人は濃い小麦色。
瞳の色は落ち着いた印象のダークブラウン。
顔に赤みが出にくいので、顔色が悪く疲れて見える人も多いのが特徴です。

温かみある暖色の色がお肌に赤味を加え、顔色を良く見せてくれます。カーキ色のシャツなど、深い暖色の色が包容力のある落ち着きのある印象アップ。
また瞳の色が強いので迷彩柄などの大柄にも印象が負けません。朱赤のTシャツなどは、お肌に血色感が出てパワフルな印象に。

苦手な色は寒色系の薄いパステルカラー。薄いグレーなどを着るとぼんやりと薄い印象になってしまいます。必ず暖色濃い色を加えて締まった印象にしていきましょう。


瞳の色が濃いダークブラウンなので、太いダークブラウンのフレームがお似合いです。皮膚感も厚いので、肌の上にコントラストの強いメガネがのっても全然負けません。
シルバーの細いフレームは冷たい印象に。
オータムの方はビジネスシーンのスーツ選びが難しいのですが、黒に見えるようなダークブラウンなどがお勧めです。太目のストライプが入っていても大丈夫です。







 



ウィンタータイプ

ブルーベース × ハード


ウィンタータイプは、寒色系の彩度が高くて深い色がお似合いになるグループ。

お肌に青い色素が多いので、生まれつき浅黒いお肌。
瞳の色が強い黒目で、白目とのコントラストがあり「目力が強い」と言われるタイプです。
お肌に赤味がないのですが、不思議と顔色が悪く見えません。

お肌がしっかり、目の印象も強いので、寒色系のコントラストのある色合いがお似合いになります。
ロイヤルブルーと黒の太いボーダーなどでもお顔が負けず、かえって頼りがいのある印象に。全身黒づくしでも暗くならず、スマートに着こなせます。

苦手な色は暖色の優しい色で、ベージュのセーターなどのナチュラルカラーは間が抜けた印象に。パステルカラーにもっと白を加えた「アイシーカラー」もお似合いになりますが、それをネクタイなどに取り入れえる場合は、必ず光沢感を加えて華やかな印象にすることが大切です。


瞳の色が黒くて強いので、黒い太いフレームのメガネや、デザイン性の高いのもでも負けません。
スーツは黒や濃紺、白の太めのストライプが入っていても大丈夫です。







 


スポンサーリンク