2017.11.29

意味を知ればきっと使いたくなる 狐の嫁入り・ご来光・稲妻 縁起物モチーフの由来とは?

TAGS 豆知識 カジュアル 文具・雑貨 プラスラボ



日常に、「うふっ」をプラスする山櫻のセカンドブランド「+lab(プラスラボ)」。「和紙の文化をもっと気軽に日常に」をコンセプトにつくられた和紙シリーズは、日常づかいのできる和紙を使ったアイテムで、日本古来の和紙の文化を知って欲しい、暮らしの中に気軽に取り入れて欲しいと願い、つくられたシリーズです。今回は、その和紙シリーズの商品のひとつ「縁起物」に描かれている「狐の嫁入り」、「ご来光」、「稲妻」のモチーフの由来についてご紹介します。
意味を知ればきっと使いたくなるはず…。

狐の嫁入り

みなさんは、太陽が見えて空が晴れているのに雨が降ってきたという経験ありませんか?一般的には「天気雨」と呼ばれていますが、「狐の嫁入り」と言われることもあります。なぜ天気雨の状態を「狐の嫁入り」と呼ぶのでしょうか?日本全国にたくさんの言い伝えがありますが、いくつかご紹介したいと思います。


ひとつめは生け贄(いけにえ)にされた狐のお話です。
昔、ある村でずっと雨が降らず、干ばつの被害で苦しんでいるときに、雨乞いのため狐を騙して生け贄にすることを計画します。若者が、人間に化けるのが得意な女狐に近づき、交流をしているうちに、心を通わせるようになりますが、女狐は若者の本当の目的に気が付いてしまいます。騙されていると知りつつも若者のため、村のために生け贄となり、狐の流した涙が大粒の雨となって、村中に降り注いだという悲しい言い伝えです。


ふたつめは一般的な言い伝えとなっている狐の娘が嫁入りするお話です。
ある狐の娘が嫁入りすることになり、親戚一同嫁入り行列を行うことになります。しかし、人間の村の中をぞろぞろと狐が行列をつくって歩くと、みんな捕まってしまいます。狐たちは、雨が降れば視界がぼやけて見つからないと考えますが、その日は晴れ。そこでみんなで雨乞いをすると、狐たちの周りに雨が降りました。こうして雨で自分たちの姿を隠すことで、無事に嫁入りをすることができたという言い伝えです。


こういった説明のつかない不思議なことは、きっと狐のせいに違いないという昔の人の考えがおもしろいですね。
ちなみにこうした呼び方は日本だけかと思いきや、イギリス、イタリア、ブラジル、ポルトガル、フィンランドでも突然の通り雨のことを「狐の嫁入り」を呼んでいるそうです。韓国では「虎のお嫁入り」と呼ばれています。
狐は神秘的な動物と考えられ、天の恵みである雨と関係があると世界でも考えられているとは驚きですね。

「狐の嫁入り」がモチーフのアイテム

(上)縁起もの あわせメモ 狐の嫁入り
   1個 ¥356(税込)MORE


(下)縁起もの ぽち袋 狐の嫁入り
   1個 ¥388(税込)MORE

 
ご来光

年明けには、テレビで美しい「初日の出」の映像が流れ、今年最初の「ご来光」という言葉を耳にしますが、この「初日の出」と「ご来光」、微妙に意味が違うってご存知でしたか?


「初日の出」は、元日の日の出のことで、「ご来光」は、高い山から見る荘厳な日の出のことを言うそうです。つまり、元日に見る日の出はどこから見たとしても「初日の出」であり、高い山に登らず、たとえば海から見た日の出は「ご来光」ではないということです。


また信仰の対象によっても全く異なるものとなります。「初日の出」は、豊作の守り神である歳神様が初日の出とともに降臨するという考えのもと、信仰の対象は神道ですが、「ご来光」は、お釈迦様が光を背負って来迎するという考えのもと、信仰の対象は仏教です。


ちなみに「ご来光」という言葉は、山頂から日の出を見ると、雲に映った自分の影に光の輪が重なり、仏像のように見えることから、仏の「御来迎」という言葉の語呂合わせから生まれたそうです。

「ご来光」がモチーフのアイテム

(上)縁起もの あわせメモ ご来光
   1個 ¥356(税込)MORE


(下)縁起もの ぽち袋 ご来光
   1個 ¥388(税込)MORE

 
稲 妻

稲妻とは、「空中電気の放電によってひらめく火花」のことですが、なぜ「稲妻」というのでしょうか?


そもそも稲妻とは、「稲の夫(つま)」が語源となっています。これは古代、稲が実を結ぶ時期(結実期)に落雷が多かったことから、雷光が稲を実らせているという信仰があったそうです。そのため稲妻は、「稲光(いなびかり)」、「稲魂(いなたま)」、「稲交接(いなつるび)」とも呼ばれ、頭に「稲」という字が付けられているのだそうです。


稲妻の「妻」は、夫婦や恋人が相手を呼ぶときに使っていた言葉で、男女に関係なく夫・妻ともに「つま」と呼んでいたそうです。そのため稲を実らせる雷光は、雷光が夫で稲が妻という考えにより、「稲妻」という漢字が使われるようになったと言われています。

「稲妻」がモチーフのアイテム

(上)縁起もの あわせメモ 稲妻
   1個 ¥356(税込)MORE


(下)縁起もの ぽち袋 稲妻
   1個 ¥388(税込)MORE

 




この記事が気に入った「いいね!しよう

WATASHINOの最新ニュースをお届けします。

follow us

  • facebook
  • Instagram
  • Twitter