2017.10.13

手紙の書き方コンサルタントが教える WATASHINO的 手紙のススメ vol.4 ビジネス手紙のヒントはメールにあり!

TAGS 豆知識
 

株式会社山櫻のセカンドブランド +lab(プラスラボ)のクリエイティブディレクターをしながら、手紙の書き方コンサルタントとしても活動の幅を広げている大場敦子さんによる連載企画「WATASHINO的 手紙のススメ」では、手紙もひとつのコミュニケーションツールでありビジネスツールであると考え、“「ワタシ」を印象付ける”をキーワードに手書きの手紙にまつわるコラムをお届けします。



伝わるメールのポイント



朝、出社すると先ずパソコンを起ち上げてメールのチェックをするビジネスパーソンは多いのではないでしょうか。

毎日、何通、何十通と読み、書いて送るメール。今やビジネスにおいてメールは欠かせないコミュニケーションツールとなっていますが、意外とやっかいなのもメールです。
やたらと多い社内メールや販促メール、CCやBCCメールの嵐...。
瞬時に重要度や緊急度を判断しなければなりません。

そんな状況が続くと、何とか効率よくできないか考えるようになります。署名を工夫したり、テンプレートをつくってみたり。伝えにくい内容をどう伝えるか、どうしたら伝わるか、皆さん日々試行錯誤されているのではないでしょうか。

その試行錯誤、実はそのまま伝わるメールのポイントにもなります。

● 文章は短く簡潔にする

● 見やすく読みやすくするための、改行位置や句読点の工夫

● 文字だけで用件を伝えるための言葉づかいや文章の構成




手紙の書き方のポイント



また、これらのメールのポイントは手紙の書き方のポイントにつながります。特にビジネスシーンでは短く簡潔な手紙をおススメします。もちろん渡す相手やシーン、状況によって長文の場合もあると思いますが、日常のシーンでは重たい印象を与えてしまいます。短く簡潔な手紙は、読み手に負担をかけないので、読みやすく伝わりやすい手紙になります。


また、手紙では悩ましく、メールでは躊躇なくできていることのひとつに「書き始めのことば」と「結びのことば」があります。

社内宛なら「お疲れさまです〜」、社外の方なら「お世話になっております〜」と書く「書き始めのことば」。結びのことばの「〜よろしくお願いします」、決まり文句のような挨拶文を書いていませんか?
この挨拶のことば、ビジネスシーンにおける手紙の書き始めと結びに使っても何の問題もないことばです。(フォーマルなビジネス手紙は別です。)


書き始めと結びが決まれば、あとは用件のみ。用件がなければ手紙を書くことはありませんから、メールを書く要領で言葉づかいなどに気をつけながら書いていけば手紙のできあがりです。

多少の違いはあれど、メールと同じ感覚で手紙も書けばいいのだと考えれば、日々の仕事のなかでも一筆書いてみようかな?手紙をコミュニケーションツールとして取り入れてみようかな?と思いませんか?










profile-2

大場 敦子Atsuko Oba

㈳手紙文化振興協会 認定講師 手紙の書き方コンサルタント
+lab(プラスラボ(R)) クリエイティブディレクター
デザイン、印刷関連、雑貨店などの仕事を経て、株式会社山櫻で文具のブランド「+lab」のクリエイティブディレクターを務める。

ブログ/
「手紙と、文具と、手仕事と…」



この記事が気に入った「いいね!しよう

WATASHINOの最新ニュースをお届けします。

follow us

  • facebook
  • Instagram
  • Twitter



SERIES続けて読みたい連載シリーズのほかの記事

  • vol.9 紙選びのヒントあれこれ 〜絵柄の入ったデザインの選び方〜 2018.03.23
    手紙のススメ vol.9 紙選びのヒントあれこれ 〜絵柄の入ったデザインの選び方〜
  • 2018.01.12
    手紙のススメ vol.8 寒中見舞い、余寒見舞いでお礼状 〜季節の挨拶状をお礼状に活用する〜
  • 2017.11.22
    手紙のススメ vol.7 漢字とひらがなのバランスが印象を変える
  • 2017.11.10
    手紙のススメ vol.6 美文字よりも丁寧な文字
  • 2017.11.01
    手紙のススメ vol.5 年賀状より印象に残るクリスマスカード?!
  • 2017.09.29
    手紙のススメ vol.3 手紙ことはじめ 一筆添える習慣から
  • 2017.09.13
    手紙のススメ vol.2 苦手を補う、手紙をつくる5つの要素
  • 2017.08.21
    手紙のススメ vol.1 最近もらった手紙、覚えてますか?