2017.09.26

四季色々 日本の美しい風景とともに知っておきたいこと 二、中秋の名月 どうしてうさぎは餅をつく?

TAGS 豆知識
 

 

暑い夏を過ぎて、秋のにおいを少しづつ感じられるようになってきました。
日本の秋の風物詩のひとつといえば、「十五夜のお月見」があります。この季節の月は、他の季節の月よりも綺麗に見えますよね。

十五夜の月(旧暦8月15日の月)を「中秋の名月」と表現されることもありますが、中秋の名月は「旧暦8月の月」を意味するので、「十五夜の月=中秋の名月」ではないみたいですよ。

んな綺麗なお月様を眺めていると、子供の頃に父や母から、「お月様にはうさぎさんが住んでいて、お餅つきをしているんだよ。」と言われたことを思い出します。あの頃は何の疑いもなく、見上げたお月様の中に、うさぎがお餅をついている姿が見えたものです(笑)



 

そんな日本に古くから伝わる「月うさぎ」にはどんな由来があるのでしょうか? いくつかの説から、インドの神話についてご紹介します。

____________

その昔、仲良く暮らす「兎(うさぎ)」と「狐(きつね)」と「猿(さる)」がいて、「自分達が獣の姿なのは、前世で何か悪いことをしたからではないだろうか。それなら、せめて今から人の役に立つことをしよう!」と話し合っていたそうです。

この話を聞いていた帝釈天(たいしゃくてん)は、それならばと老人に姿を変え、3匹の前に現れます。そして「おなかがすいて動けないから、何か食べ物を恵んでほしい。」と話すと、3匹は人の役に立てると喜び、老人のために食べ物を集めに行きました。

猿は木の実や果物、狐は魚を取ってきましたが、兎は何も持ってくることができませんでした。すると兎は、「わたしは食べ物をとる力がないので、わたしを食べてください。」そう言うと火の中に飛び込み、自分の身を老人に捧げました。

これを見た老人は、帝釈天の姿に戻ると、「お前達の優しい気持ちは、良く解った。今度生まれ変わるときには、きっと人間にしてあげよう。それにしても、うさぎには可愛そうなことをした。月の中に、うさぎの姿を永遠に残してやろう。」

こうして、月にうさぎの姿が残ることになったのです。

____________




一方、「うさぎの餅つき」は、こちらもさまざまな説がありますが、古くから中国では、月のうさぎは杵を持って不老不死の薬をついていると考えられていました。
うさぎが不老不死の薬をついている理由については、たくさんの説があります。

中国神話に登場する人物、嫦娥(じょうが)が罰として兎に変身させられ、満月の日になると天界の神々のために薬を作るよう命じられた説。

「私を食べてください」と言って火に飛び込んだ兎に感動した帝釈天が、兎を月に送り、孤独な嫦娥と一緒に薬を作るようにさせた説など。
これが、日本に伝わってから餅をつくに変化したと言われています。

ちなみに、日本で満月をあらわす言葉「望月(もちづき)」が、「餅つき」になったということらしいですよ。




この他にも「老人のために餅つきをしている」とか、「うさぎが食べ物に困らないように」といった説もあり、お月見の行事が収穫祭であったことを考えると、「神様への豊作祈願や収穫の感謝を表す」という意味が込められているように感じます。

ちなみに、お供え物と一緒に「すすき」を供えるのは、すすきを稲穂に見立てており、神様への収穫感謝をあらわしています。

今年はいつもと違った気持ちで、十五夜を楽しんでみてはいかがでしょうか。







文/WATASHINO 山口宣之

この記事が気に入った「いいね!しよう

WATASHINOの最新ニュースをお届けします。

follow us

  • facebook
  • Instagram
  • Twitter



SERIES続けて読みたい連載シリーズのほかの記事

  • 六、夏の風物詩 花火の掛け声はなぜ「たまや」「かぎや」なの? 2018.07.23
    四季色々 日本の美しい風景とともに知っておきたいこと 六、夏の風物詩 花火の掛け声はなぜ「たまや」「かぎや」なの?
  • 五、梅雨の季節に咲く美しい花「紫陽花」の秘密 2018.06.07
    四季色々 日本の美しい風景とともに知っておきたいこと 五、梅雨の季節に咲く美しい花「紫陽花」の秘密
  • 四、「花より団子」花見の団子はなぜ三色? 2018.04.13
    四季色々 日本の美しい風景とともに知っておきたいこと 四、「花より団子」花見の団子はなぜ三色?
  • 三、雪の結晶の美しさの秘密 2018.01.12
    四季色々 日本の美しい風景とともに知っておきたいこと 三、雪の結晶の美しさの秘密
  • 一、見るだけなのに「紅葉狩り」? 2017.08.02
    四季色々 日本の美しい風景とともに知っておきたいこと 一、見るだけなのに「紅葉狩り」?