2017.08.02

四季色々 日本の美しい風景とともに知っておきたいこと 一、見るだけなのに「紅葉狩り」?

TAGS 豆知識
 

 

これからの季節、「ぶどう狩り」,「りんご狩り」,「梨狩り」などの果物狩りや、「栗」,「松茸」,「さつまいも」など、秋の味覚狩りが楽しみです。
さらに秋の楽しみのひとつといえば、「紅葉狩り」もありますよね。だんだんと木々の葉が美しく色鮮やかな秋色に変わっていきます。
でもそういえば、「紅葉狩り」って「狩り」ってつくのに、実際は目で愉しむもので、木や葉を採取するわけではありませんよね。
ではなぜ「狩り」という言葉が使われるのでしょう?



 

そもそも「狩り」といえば、鹿や猪などの動物を狩猟することや、海で貝を
採る「潮干狩り」など、山や海で食料確保を行うことを指します。

ところが「狩り」という言葉は、動物・魚介・きのこなどを採取する以外に、
季節の花や植物を鑑賞するために山に分け入るという意味があるそうです。

また、昔は紅葉した木の枝を折って、手の平に乗せて匂いを楽しんだり、髪
にさしたりとっいった採取に近いことをしていたことも理由のひとつとされ
ています。

さらに昔は、身分の高い人や女性は外出するのも簡単ではないため、そんな
人たちに見せるために、紅葉した葉を折って持ち帰っていたそうです。
つまり言葉通り「狩り」をしていたので、「紅葉狩り」と呼ぶようになった
という説もあります。




 



 

紅葉のシーズンは意外に短く、一本の木なら4日〜5日程度。
同じ種類の木でも綺麗な状態は1週間程度で、そのあとは徐々に落葉してしまいます。

行ってみたら紅葉のシーズンが終わってた…なんてことがないように、
テレビやインターネットで「紅葉前線」をチェックしておくとよいでしょう。

今年の秋はどこに紅葉狩りへ行こうかいまから楽しみですね。







文/WATASHINO 山口宣之

この記事が気に入った「いいね!しよう

WATASHINOの最新ニュースをお届けします。

follow us

  • facebook
  • Instagram
  • Twitter



SERIES続けて読みたい連載シリーズのほかの記事

  • 六、夏の風物詩 花火の掛け声はなぜ「たまや」「かぎや」なの? 2018.07.23
    四季色々 日本の美しい風景とともに知っておきたいこと 六、夏の風物詩 花火の掛け声はなぜ「たまや」「かぎや」なの?
  • 五、梅雨の季節に咲く美しい花「紫陽花」の秘密 2018.06.07
    四季色々 日本の美しい風景とともに知っておきたいこと 五、梅雨の季節に咲く美しい花「紫陽花」の秘密
  • 四、「花より団子」花見の団子はなぜ三色? 2018.04.13
    四季色々 日本の美しい風景とともに知っておきたいこと 四、「花より団子」花見の団子はなぜ三色?
  • 三、雪の結晶の美しさの秘密 2018.01.12
    四季色々 日本の美しい風景とともに知っておきたいこと 三、雪の結晶の美しさの秘密
  • 二、中秋の名月 どうしてうさぎは餅をつく? 2017.09.26
    四季色々 日本の美しい風景とともに知っておきたいこと 二、中秋の名月 どうしてうさぎは餅をつく?