2020.06.30

パーソナルカラー スプリングタイプのスタッフおすすめ アクセサリー

TAGS ファッション パーソナルカラー カジュアル

パーソナルカラースプリングのスタッフおすすめアクセサリー

一目惚れで買ったものを、出会ったときのときめきをそのままに長く愛用している、という経験はないでしょうか。私はいくつかそういうアイテムがあるのですが、思い浮かべてみると自分のパーソナルカラーであることが多いです。自分にしっくりなじむので、余計にお気に入りになるのかもしれません。今回は、そんな一目惚れアイテムをいくつかご紹介したいと思います。

ご自身のパーソナルカラーがわからない、気になるという方はこちらをチェックしてみてください!

ひとめぼれアイテム01 腕時計
はなもっこ 腕時計

一つ目はWATASHINOにも掲載している「はなもっこ」の腕時計です。
豊富な色の文字盤に何種類ものベルト。“岩絵の具”という、鉱石を砕いてつくった日本の伝統的な絵具が、職人さんの手によって文字盤に塗られているそうです。インデックスには金箔があしらわれています。一瞬にして心が奪われてしまいました。

ⓐ はなもっこ こないろ 水浅葱(みずあさぎ)

私が選んだ文字盤はこちら。スプリングタイプに似合う色です。
アマゾナイトという淡いブルーの鉱物を砕いて作られた岩絵の具が塗られていて、太陽の光に当たるとキラキラときらめきます。  MORE

ベルトは付け替えが可能で、私はなんと4本も購入してしまいました…。
選びきれずというのが正直なところでしたが、実際に一年間使ってみると、季節ごとに使いやすい色があるのでよかったかなと思います。

ⓑ 革ベルト ミントブルー

これからの季節は、ミントブルーやホワイトのベルトで爽やかにコーディネートしたいな、なんて思っています。白いTシャツに映えて夏らしくなりそうじゃないですか。  MORE

ⓒ 革ベルト ライム

鮮やかなライムは、なんといっても春になるとつけたくなる色です。“萌え出づる春”という感じ。  MORE

革ベルト ミントブルー ライム

また、スプリングタイプは、秋や冬になると着るものに困ってしまうことが多いですが、オフホワイトのニットを着て、秋はキャメル、冬はホワイトのベルトに水浅葱の時計をつければ、さりげなくスプリングらしさが出せるので気に入っています。

ⓓ 革ベルト キャメル

秋のファッションに合わせたいキャメルのベルト。こっくりしたイエローのスカートとも相性抜群。  MORE

ⓔ 革ベルト ホワイト

冬はホワイトと組み合わせれば、雪や氷のイメージにぴったりなアイテムに。  MORE

※オンラインショップ TSUTAFU(ツタウ)では、2重巻きのベルトは取り扱っておりません。

革ベルト キャメル ホワイト
ひとめぼれアイテム02 ピアス
ピアス

次にご紹介するのは、ピアスです。ネットで購入したもの、ハンドメイド作品、セレクトショップで手に取ったもの、とさまざまですが、どれもお気に入りのモノです。

ⓕ ピアス

こちらはネットで購入したもの。以前WATASHINOに掲載していたのですが、パーソナルカラーアナリストの矢吹先生がタイプ分けしたものということで、安心して購入しました。鮮やかなオレンジレッドの大ぶりのピアスなので、つけるだけで顔周りがパッと華やかになります。(プロフィール写真でつけています。)

ピアス オレンジ

ⓖ 耳飾り by SAEDECO

こちらはSAEDECOさんにセミオーダーした“耳飾り”。

チェコの工房で、ひとつひとつ手作業でつくられたガラスボタンなのだそうです。SAEさんはいろいろな国のボタンを買い付けて、フランス製のコットンタッセルやイタリア製のビーズなどと組み合わせて“耳飾り”を作っていらっしゃいます。パリのシャネルアトリエにて保管されていたヴィンテージボタンやアフリカ布でくるんだボタンなど、世界観がとても素敵です。

SAEDECO

https://www.saedeco.com/

耳飾り SAEDECO

ⓗ ピアス(ブランド不明)

こちらはセレクトショップで手に取ったものです。
オフホワイトにゴールドのお花のピアス。ちょっとレトロな雰囲気がツボでした。冬はタートルネックのセーターを着てこのピアスをつけるのが私の定番です。

ピアス

スプリングタイプのカラーはトマトレッドやライトターコイズブルー、カナリアイエローなど、鮮やかな色が多く、洋服だと挑戦するのに躊躇しがちですが、小物なら気軽に取り入れることができます。それに、夏は少し遊びのあるコーディネートにも挑戦してみたいですよね。スプリングタイプのビビッドカラーを身につけて、元気に夏を乗り切りましょう!

文/WATASHINO 相原香子


この記事が気に入った「いいね!しよう

WATASHINOの最新ニュースをお届けします。

follow us

  • facebook
  • Instagram
  • Twitter