2019.02.21

【名刺デザイン】日本人なら知っておくべき日本伝統文様 其の二 籠目/七宝/毘沙門亀甲

TAGS 豆知識 名刺デザイン
 

2020年 東京オリンピックの大会エンブレムで使用されている「市松文様」をはじめ、
日本人なら知っておきたい伝統文様がいくつもあります。
シンプルなデザインからデザイン性あふれるものまで、美しくておしゃれな日本伝統文様。
その中から今回は、籠目、七宝(しっぽう)、毘沙門亀甲の3つをご紹介します。

籠目

竹で籠を編んだ編目文様
五芒星が連続しているようにも見える事から
鬼が嫌う魔除けの文様とされる
男性や子供の精神が浮遊するのを
囲い止める意味でもあった
水辺にあるものと共に配置され
多くの文様に取り入れられた




ITEM

七宝

仏教の経典に書かれている七つの宝物
金、銀、瑠璃、珊瑚、瑪瑙(めのう)、
玻璃(はり)、千年生きるとされる
シャコガイに由来すると言われている
耐えることのない永遠の連鎖と拡大を意味し、
円満、調和の吉祥文として親しまれている


ITEM

毘沙門亀甲

亀甲文の一種
毘沙門天が着用している
鎧の柄から由来
毘沙門天は戦勝、必勝の神として
知られている




ITEM



この記事が気に入った「いいね!しよう

WATASHINOの最新ニュースをお届けします。

follow us

  • facebook
  • Instagram
  • Twitter