2019.07.16

蕎麦をこよなく愛するスタッフがお届けする わたしの蕎麦 第2回 伊豆/蕎仙

TAGS グルメ

わたしの蕎麦 第2回 伊豆/蕎仙

蕎麦をこよなく愛し、蕎麦に育てられたと言っても過言ではないWATASHINOスタッフ 山口が紹介する「わたしの蕎麦」。第2回は、そんな蕎麦に魅せられた山口が、静岡県伊豆を旅している途中で出逢った蕎麦処「蕎仙」をご紹介します。

蕎仙

KYOSEN

(静岡県伊東市)

わたしの蕎麦 第2回 伊豆/蕎仙

伊東市のシンボルであり、国の天然記念物に指定された「大室山」の裾野にある「手打十割蕎麦処・蕎仙」は、言わずと知れた伊豆の人気店です。お店は自然に囲まれており、とっても居心地の良い雰囲気です。

わたしの蕎麦 第2回 伊豆/蕎仙 わたしの蕎麦 第2回 伊豆/蕎仙

「蕎仙」では、つなぎや添加物を一切使わず、北海道北空知産のそば粉で打つ極細の十割そばが特長で、そのほかにも、駿河湾産の生桜海老や八丈島のアシタバ、伊豆産のシイタケや本わさびなど、厳選した食材を使ったメニューが味わえます。

わたしの蕎麦 第2回 伊豆/蕎仙

お蕎麦屋さんではまず天せいろを注文する私は、さっそく「生桜海老天ぷらせいろ付」を注文。お蕎麦が来る前に「お召し上がり方」という紙を渡され、そこにはお蕎麦が新しい内に食べないと味が落ちるということが書かれているので、まずはお蕎麦からいただきます。

わたしの蕎麦 第2回 伊豆/蕎仙

生桜海老天ぷらせいろ付 ¥1,750

ゆで時間にもこだわったお蕎麦は、適度なコシがあって、のど越しもよくツルツルと食べれます。そばつゆも濃すぎることなく、お蕎麦の風味が活きるやさしい味です。

天ぷらは、生桜えびの天ぷらともうひとつは生しらすの天ぷらに。どちらも生というだけあり、新鮮な風味が感じられます。身もふわっとしているので、ザクッと揚った天ぷらとの相性も抜群です。

わたしの蕎麦 第2回 伊豆/蕎仙

わたしの蕎麦 第2回 伊豆/蕎仙

免疫力アップ蕎麦 ¥1,400

そしてもう一品、夏限定の「免疫力アップ蕎麦」も注文してみました。こちらはお蕎麦に、めかぶ、なめこ、山芋ときざみ海苔をトッピングしたぶっかけ風のお蕎麦です。

めかぶやなめこのねばねばがお蕎麦とうまく絡んで、ズルズルッと食べれるお蕎麦。量は少なめなので、男性であれば2人前はつるっと食べれちゃう感じでした。実際、私の父親は2人前をペロッと食べてました。


木々に囲まれたテラス席は、季節によって新緑や紅葉など、自然の彩を見ながらお蕎麦を楽しむことができます。また暑い季節には、大きな木々が日陰を作ってくれるので、日差しを避けて気持ち良く過ごすことができます。お昼時はかなり混む人気店で、営業は15時までとなっていますので、早めの入店をおすすめします。

お店情報

店名 手打十割蕎麦処 蕎仙
営業時間 11:00〜15:00
定休日 不定休あり(お店のホームページでご確認ください。)
ホームページ http://www.izu-kyousen.com/
住所 静岡県伊東市十足329-6



profile-2

山口 宣之Nobuyuki Yamaguchi

WATASHINO副編集長

成城大学法学部法律学科卒業
2001年株式会社山櫻入社。
入社3年目に当社のWeb名刺発注サービス(現:corezo)の立ち上げに従事。
2012年からは自社ホームページの運営やECサイトの立ち上げなど、
Webサービスの企画、運営全般に携わる。
1979年、東京生まれ。


パーソナルカラー:オータム(秋)


この記事が気に入った「いいね!しよう

WATASHINOの最新ニュースをお届けします。

follow us

  • facebook
  • Instagram
  • Twitter



SERIES続けて読みたい連載シリーズのほかの記事

  • わたしの蕎麦 第1回 那須/小椋 2018.08.15
    蕎麦をこよなく愛するスタッフがお届けする わたしの蕎麦 第1回 那須/小椋